裏箔 (絹の裏側に金箔をはってあります。)のため 反射して地色が正確に出ていません。 左の画像の方が より近いです。

西村五雲 姉様人形 絹本 色紙台表具 
雛の頃にいかがですか。
掛軸寸法 幅39.5cm 高さ114cm
本紙寸法 幅23.5cm 高さ26cm

絵、表装ともに状態、極上です。
本紙 絹本裏箔 (絹の裏側に金箔をはってあります。)
一文字 狩猟文本金襴
中廻し 沈金地本金襴
天地 間道
軸先 頭切 象牙
箱 桐 二重箱 


西村五雲

1877年、京都生。名は源次郎。1948年、岸竹堂に師事した。1951年、第6回日本美術協会展、1957年、第2回全国絵画共進会で受賞。竹堂没後は竹内栖鳳に師事。1970年、西村画塾を創設。1913年、京都市立美術工芸学校教諭を経て、1924年、京都市立専門学校教授。1931年、画塾を晨鳥社と改称。1933年、帝国美術院会員、1937年、帝国芸術院会員。この間七絃社会員となった。きわめて高い技巧と洗練された洒脱性とによって到達した画境に、夾やかさと華やかさ、そして動きを具えていた。代表作には「日照雨」(東京芸術大学)などがある。1938年、歿。62才。