男雛の顔に胡粉の剥落あり。↑

 

 

絵112 吉村鳳柳 立雛 12万円 合せ箱
掛軸寸法49×205cm
本紙寸法34.5×115.5cm
 

表具の天の部分に小さな穴あります。
本紙に多少シミあります。
軸先左側ちょっとカケあります。
男雛の顔に胡粉の剥落あり。


表具
一文字 菊文本金襴
中廻し 蜀紅金襴 
天地 桐唐草文裂
軸先 頭切 黒塗 唐草文蒔絵

箱 桐

 

吉村鳳柳

日本画家。明治7年(1874)大阪生。名は久吉。森二鳳に師事。動物画を能くし、円山派の重鎮として活躍。昭和11年(1936)存、歿年未詳。




 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz