絵121 三井高福 日の出鶴 5万円 合せ箱
掛軸寸法51×174.5cm
本紙寸法37×104cm

本紙は 絹本。

絵は 三井高福 さん。

三井家の 八代当主さん。

実業家で 数寄者です。

絵は プロ並みです。

この辺の人たちは 商売 趣味ともに

スーパーマンですね。

図柄は お正月にふさわしい日の出に双鶴

雄渾な景色です。 

表具は 裂表具。 明朝仕立。

一文字 牡丹唐草文本金襴
外廻し 雲吉祥文 どんす 
軸先  不詳
箱    桐 

やや折れありますが

状態 良好といえます。

初釜の 待合掛けに最適です。

強く おススメ申しあげます。


 

三井高福
実業家。京都生。三井家第八代当主。字は子成。号に聴泉。十三代八郎右衛門を称す。王政復古ではいち早く新政府への協力を表明、朝廷に巨額の献金を行い、新政府の政商筆頭となる。外国人貿易商社取締総頭取、東京通商司貿易商社頭取、第一国立銀行頭取などに就任。また三井銀行・三井物産を興して三井財閥形成の基礎を固めた。その他公事業にも尽力し、明治初期の財・行政基礎確立に貢献した。明治18年(1885)歿、78才。

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP  へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz