絵126 菅楯彦 自画賛 烏帽子司 2万円 合せ箱
掛軸寸法42.5×178cm
本紙寸法30×97.5cm

本紙は 紙本。

作は 自画賛ともに菅楯彦  さん。 

ごく お若いときの作品ですが

とても味があって 後世の楯彦さんの 完成された作風を

予感させるような ある意味の名品です。

書 絵ともに 絶妙なながれです。

賛は

別当どのゝ 
拝賀にめさるへれ
御所ぶりにて候
いそがしや

歌も たのしいですね。

今でも この 烏帽子司 という人はいるそうです。

つくるのは 大変なようです。

使う季節は おもに 端午の節句です。

趣のある お茶会になりそうです。

もちろん お正月もいけます。

表具は 丸表具。

右側の 軸先の蓋とれています。

経年のための 変色 折れあります。

が 強く 強く おススメ申しあげます。


 

菅 楯彦 すが たてひこ (1878〜1963)

明治11年鳥取県に生れる。本名は藤太郎。初め盛虎、のち静湖と号す。父は日本画家菅盛南。幼いころ大阪に移り、師はなく独力で土佐派その他を学ぶ。大阪に長く住み好んで大阪の庶民風俗を描く。大阪市民文化賞、大阪府芸術賞などの外、長年の日本画活動とその業績により、昭和33年の第14回日本芸術院恩腸賞を受賞する。37年大阪市名誉市民となる。昭和38年大阪市で歿。享年85歳。  

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り無料です。  お気軽にどうぞ 

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz