絵193 後藤瑞巌 看桃花 8万円 共箱
掛軸寸法32×179.5cm
本紙寸法29.5×103.5cm

本紙は 紙本。 唐紙 (やや黄色い色の 中国産の紙のこと。茶掛によく用いられる。)

物にて 姿良し。

細書は 大徳寺の 後藤瑞巌さん。

文句は 
 看桃花 。

季節はモチロン雛のころです。

この書は 瑞巌さんの 書の中では 

もっとも 完成された 書で

評価も最高の位置にあります。 

表具は 侘び表具。

一文字 本金竹屋町
中廻し モミ紙 
天地  染紙  
軸先  黒塗
箱 桐

状態 すこぶる良好です。

強くお勧め申しあげます。

 

後藤瑞巌 ごとう-ずいがん
1879−1965 明治-昭和時代の僧。
明治12年10月18日生まれ。臨済(りんざい)宗。
鎌倉円覚寺の釈宗活(しゃく-そうかつ)に師事後,渡米して布教にあたる。
大正3年朝鮮の妙心寺派の布教監督となる。
のち岐阜県円成寺住持などをへて,妙心寺派管長,大徳寺派管長をつとめた。
昭和40年3月20日死去。85歳。岐阜県出身。東京帝大卒。法名は宗碩。

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz