絵41 塩川文麟 春山水 4万円
掛軸寸法39.8×186cm
本紙寸法27.6×123cm

本紙は 紙本。

春雨です。

手前に桜。向うに見えるのは 宇治の平等院です。

表具 明朝仕立て

外廻し 細絓(しけ)正絹 
軸先 宗旦 黒塗 
箱 杉


あっさりとした 絵、待合に 最適ですね。

おすすめ。
 

塩川文麟 (しおかわ ぶんりん、享和元年(1801年) - 明治10年(1877年)5月11日)  江戸時代末から明治初期の日本画家。幼名は隼人、字は子温もしくは士温、号は初めは雲章、後に文麟、別に可竹斎や泉声答斎や木仏老人など、通称は図書(ずしょ)。

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz