53 谷口香嶠 白川尚歯会の図 22万円 共箱
掛軸寸法 66  ×211cm 
本紙寸法 50,8×110cm

歴史画の名手 谷口香嶠 の絵です。

箱書に 辛丑 暮秋 とあります。
明治34年  ― 1901年 辛丑  36歳の作品です。

本紙は 絹本。
大きさは 書院掛 で 大きめです。

絵の意味ですが ちょっと むづかしいです。
白川尚歯会 の 尚歯 というのは 歯を大事にする と いう意味で
転じて お年寄りを 大事にすると いう事です。

この 詳しいことは 以下を 参考に して下さい。

今日の 老人の日を (平成15-9-11) 記念して 珍しいので UPしました。

次第について。

箱は 二重箱。
表具は 総本金金襴仕立て。
軸先は 象牙。

という 超高級な 仕立てです。

欠点
一番 上の左に 1×2cmほどの 裂の欠損 あります。
他には ありません。
経年のための変色あります。
 
総合して 状態 非常に 良好といえます。。

この掛物は 本当に おすすめです。

 

  1. 尚歯会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/尚歯会 - キャッシュ - 類似ページ

    承安2年(1172年)3月19日、藤原清輔によって白河の宝荘厳院において催されたのが
    、和歌の尚歯会の最初である(百練抄、愚昧記)。 ついで養和2年(1182年)、賀茂茂重
    もまたこれを襲い(古今著聞集)、これ以後、尚歯会は詩賦と和歌との2に分かれた。

     



谷口香嶠 たにぐち-こうきょう

1864−1915 明治-大正時代の日本画家。
元治(げんじ)元年8月16日生まれ。京都の幸野楳嶺(ばいれい)の塾に入門。歴史画にすぐれ,竹内栖鳳(せいほう)らとともに楳嶺門の四天王といわれる。京都市立美術工芸学校,京都市立絵画専門学校でおしえた。大正4年11月9日死去。52歳。大坂出身。本名は槌之助。作品に「山姥」「驟雨」。

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz