掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。

 

 

 

絵74 林文塘 古都の春  8万円 共箱
掛軸寸法56×130cm
本紙寸法42.5×36.5cm

本紙は 絹本。

横物にて 姿よし。

林文塘は 山元春挙の弟子で 昭和期に活躍した 京都の画家です。

この絵は おそらく 卿の五条の橋の上から 東山を 眺めた風景です。

八坂の塔と 清水寺、その左は 知恩院でしょうか?

桜の季節ですね。

山の上には 金泥の雲が たなびいています。

いい風情です。

表具 美麗。

状態 良好です。

 

林文塘

日本画家。京都生。名は光三郎。前川文嶺山元春挙に学び、山水画を得意とする。文展入選後、井口華秋池田桂仙らと反帝展の自由な制作をめざして日本自由画壇を結成した。中国に数回遊ぶ。昭和41年(1966)歿、84才。

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP  へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz