f106 安原祥窓 若松山 鶴銀金具付 五色 銀縁銘々盆 8万円 共箱
胴径5.8cm 高さ1.5cm

まず 作は 安原祥窓 という 蒔絵師です。

大阪で 大正期に 活躍した 作家です。

我々にとりましては 知る人ぞ知る 憧れの 塗り師で ございます。

大阪の 資料に ありますので 下記を ご参照ください。

では この 銘々盆について 、、、

5客 あります。 色変わりです。

それぞれに 鶴が 2羽 飛んでいるのですが これは 銀象嵌です。

モチロン 本銀です。

かなり 厚みが あります。

盆の周囲にも 銀の フクリンが あります。

作品としては 銘々皿ですので 軽いものですが 作品の内容からすれば なかなかどうして 力作です。

安原祥窓 については 解るかたには さほど 必要もないでしょうから 説明は これくらいに しておきます。

状態 良好です。

強く おすすめ 申し上げます。

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz