掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。 掘出物がいっぱい。 どうぞ ごゆっくり ご覧下さい。

裏千家歴代好物集 千宗室 監修 昭和五十二年 淡交社発行

 

f14 粟田元竺造 園能斎 花摘籠花入  40万円 共箱
     園能斎 書付 在判 裏千家歴代好物集 所載の品
胴径15cm 高さ26cm   

この花入、 高うございます。

それには 以下の理由が ございます。

  

裏千家歴代好物集 千宗室 監修 昭和五十二年 淡交社発行

という A4判の 超豪華な 本、全三冊 に 所載の 花入 そのものなんです。

円能斎 さん位の 時代に なりますと 真贋が 難しくなります。

その点 淡交社の 本の 所載品 ということに なりますと

安心して お買い上げ 頂けます。

勿論 この 本そのものを お付けしますので

割高な分は どうぞ ご寛容くださいませ。

 

では 花入の説明 申し上げます。ーーーーーーーーーーーーーーーー

わりと 小ぶりな 竹の花入で

吊りと 置き と 両方いけます。

作は 粟田元竺 という人で 色んな作品が 残っていますが 詳細不詳な人です。

花入の底に 署名があって 桐箱に 刻印が あって 共箱です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

次に 円能斎 の箱書は 蓋裏にあり。

筒にも 在判 あります。

そして 名前が いいんですよ 花つみ籠。

花を つんで この 籠に 入れるんですよね。

・・・

そこで 私 やってみました。

我が家の 貧相な 庭から なんとか 摘んで 活けました。

ご笑覧ください。

状態 良好です。

まあ こんなのは 滅多にないので 是非 ご採用 ください。

強く おすすめ 申し上げます。

 

円能斎
茶道裏千家十三代家元。又玅斎の長男。幼名は駒吉。
北白川宮・小松宮両親王より円能斎・鉄中の号を賜る。
衰微した茶道の復興に努め、門弟の指導・講習・月報の発刊と軌道興隆に尽した。
大正13年(1924)歿、53才。  

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz