掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。 掘出物がいっぱい。 どうぞ ごゆっくり ご覧下さい。

        

花入22 2代加藤渓山 牙黄磁透し彫 釣花生 ¥65.000.-
共箱 幅19 奥行19 高さ14.5cm 栞
美術年鑑掲載物故作家 180万円 という 高い評価を得ている作家です。
この作品は 特に別誂えのようです。白磁ではなく 薄く象牙色が かかっています。 掛花入というのは よくありますが 吊りというのは 少ないようです。 同作家のものとしても 希少です。
牙黄磁透し彫という 珍しい釣花生を 特にご紹介申しあげます。



2代 加藤渓山 (かとう けいざん、1913年(大正2)〜1995年(平成7))
京都市出身 京都第二工業学校陶芸科卒

初代加藤渓山の長男として生まれる。
工業学校や次いで京都国立陶磁試験場にて釉薬、造形の基本技術を修得する。
1931年より、父の工房で作陶補佐を始めるとともに師事。
また、同年5代六兵衛の主宰する新興工芸会の会員となり、六兵衛にも指導を仰ぐ。

製作当初より帝展、京都府展などに作品を出品して入選を重ねており、
40年に商工省より技術保存者の認定を受けるなど、高い評価を受け、さらに戦後は1955年に
京都陶芸家協会設立会員となるなど、京都陶芸界において遺憾なく実力を発揮する。
63年、父の没に伴い、2代渓山を襲名・並びに窯を大山崎に移す。

初代から受け継いだ技法を基本に、独自に宋時代青磁の復元を追及し、
天龍寺青磁を代表的に飛青磁、牙白磁、紫青磁などの釉薬美を展開。
さらその磁器に浮彫の技巧で花弁や龍図などを加えた作品を多く残しており、
各地の高島屋にて個展を開催。

陶印は「渓山」「芳中」「虚心庵」 釘彫り「渓山作」など

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz