掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。 掘出物がいっぱい。 どうぞ ごゆっくり ご覧下さい。

f26 楽吉左衛門 十四代 覚入 真砂くすり  手付花入 28万円 共箱
胴径12.3cm 高さ25.7cm 

手付き 花入。

作は 十四代 覚入 さん。

すごいですね。

胴は おおざっぱに いえば 六角柱、 おおざっぱ な 言い方ですよ

そういう がさっとした 箆目が あると いうことです。

手も 無骨な 付け方。

これで 楽さんの 良いできのものと ご理解できると ぞんじます。

この花入、 枝物 も 花物も両方 いけます。 が 枝物が いいかなぁ  ? ? ?

お売りする前に ちょっと 花を 活けさせて貰おうと 行きつけの 花やに 年末から いってるのですが どうも 留守ばっかり 、 そうこうする内に 年が明けて 松の内も 過ぎたという 次第にて 候。

やはり これは お買い上げの お客様に 初花を という 花入の お心と見て 引っ込みます。

それで この花入、画像では 底が 細くなっているように 見えますが 底は 少し 太くなっていますので ご注意ください。

この花入の特徴は 一言で 申しますと 

いかなる季節にも いかなる花にも 適応できるという 度量の 広さです。

ちょっと 贅沢してください。

状態 良好です。

おすすめ。 

 

十四代楽吉左衛門(覚入):1918 ( 大正7 )から1980 ( 昭和55 )
東京美術学校(彫刻科)卒 師、13代楽吉左衛門(惺入)、13代惺入の長男京都伝統工芸家協会役員1945年14代楽吉左衛門を襲名。
東京美術学校で近代的な造形を学び、また独自に緑釉、赤砂釉、幕釉、白釉などを研究し伝統を継承しながらも今までの歴代吉左衛門にはなかった色彩やデザインを強調するような作品を展開。
没後十六代覚々斎宗左より覚入と号される。
 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz