掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。 掘出物がいっぱい。 どうぞ ごゆっくり ご覧下さい。

 

 

 

 

      

27 後藤塗 日の丸 喰籠 有隣斎好 6万円 共箱 共裂 しおり
    有隣斎 在判 箱書

有隣斎さんの 箱書は

高松産 日の丸 喰籠 好之 花押。

蓋裏に 有隣斎の花押。

箱の底に 後藤の箱書あり。

僅かの スレ と

合口に ガタツキ あります。

まあ しょうがないか っていう感じです。

有隣斎さんの この 好みは 珍しいですよ。

 

 

ちょっと 寄道。    


山中塗 と 輪島塗 について

両方とも 極近い所にあって お互いに 行き来があります。
木地は 山中。
塗りは 輪島。


そして 棗の合口は 山中 で作っているようです。
というより 合口は 山中でないと 駄目 だそうです。
そして
高いのは 輪島。 山中は安い。

ところで 私自身は 山中 が好きです。
でも 女性には 輪島のほうが 断然人気です。
まあ これは 人の好みですから、、、

もう一つ 肝心なのを 忘れていました。
京塗です。
京都と 山中は さほど 離れていません。
昔から 木地は 山中から 来ているのが 多いそうです。

では 茶道具 としては どんな 見方が あるでしょうか。

勿論 一番は 京塗 です。
これは 揺らぎません。
二番は これは 意見が 分かれると 思いますが やはり 山中 でしょう。
三番は 江戸漆器。
二番と 三番は 入れ替わる かもしれません。

ダークホース は 加賀蒔絵 です。

そうすると 輪島は 入ってきません。

ところが 私ども 道具商の 実感では 一番人気は 輪島塗 なんです。

高くても 輪島塗 が よく売れます。

まあ こういうことですね。 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz