掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。 

 

f4 十代 中川浄益 南鐐 青海盆  15万円 共箱(二重箱)
          即中斉 箱書
胴径24.3cm 高さ2.8cm

なんとも はれがましい 菓子器です。

これに 干菓子をのせたら 綺麗でしょうね。

作は 十代 中川浄益 。 先代さんです。

約90年ほど前のものです。

南鐐。

本銀です。

全体に細かいスレあります。

それにしても 綺麗な 菓子器です。

箱の底に 中川浄益 さんの刻印があります。

箱書は 即中斉。

即中斉 の ややお若いときの箱書です。

箱は 二重箱で立派です。

状態 良好といえます。

格安にておススメ申し上げます。

 

中川浄益(10代) なかがわ-じょうえき
1880−1940 明治-昭和時代前期の金工。
明治13年生まれ。千家十職のひとつ。茶道具を製作し,近代の名工とされる。昭和15年5月17日死去。61歳。名は紹心,淳三郎。別号に鎚鋳軒

即中斎
茶道表千家十三世家元。京都生。表千家十二世惺斎の次男。幼名は覚二郎、号に無尽・清友軒。慶大文学部及び京大史学部選科卒。昭和11年兄不言斎が急逝、さらに翌年父惺斎の死去のため、同年家元を継ぐ。戦時体制下、また戦後の混乱期にも静かに古格を守り、茶の普及につとめた。著書に『即中茶記』等。昭和54年(1979)歿、77才


 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz