f61 漆匠 鈴木表朔 利休形 一閑塗 縁高 6万円 共箱
胴径16.8cm四方 高さ27cm
 

本格的な 一閑塗 です。

地味な 仕事で 良し悪しの区別を 付けにくいのが この 一閑塗 です。

画像でみれば 黒一色ですので 解りずらいのですが
簡単に言えば 蓋、身が 反っていないこと と
時代経過していること。

要するに こういうものは(棚、板なども含む。) 古いものがよい。 
新しいものは その後 反る可能性大。
しかも 古いものは 安い。 新しいものは 高い。

古いものは 今後 反る心配が 殆ど無い。

と 良い事づくめなのが 中古です。
そして これら 半世紀前の 職人たちが 名人揃いなのです。
昭和期の 職人の技術は 茶の湯300年の 歴史の中で 最高のものなんです。
これには 気づいていない人たちが 殆どです。

誰も 知らないうちに これらを 収集すると 楽しいですよ。

 

作は 鈴木表朔 ですが 何代かは 特定できません。
おそらく 二代か 三代です。

鈴木表朔
京都の代表的な塗師
代々家督を継いで初代、二代、三代と世襲している。

 

ごく僅かスレあります。

が 極 上質で 状態 良好です。

強く おススメ申しあげます。

 

左 f59 平安 表正、 右 f61 漆匠 鈴木表朔

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

 

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz