掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。 掘出物がいっぱい。 どうぞ ごゆっくり ご覧下さい。

 

 

皆具16 5代 宮川香斎 扇流し 遊鐶 皆具 75万円 共箱
     即中斉 箱書

水指 胴径17 高さ20cm
杓建 胴径8,8 高さ17,7cm
蓋置 胴径5,4 高さ5cm
建水 口径14,3 高さ7,5cm

皆具の 説明は どこから したらいいのか?

あまり 煩瑣になると 余計に わずらわしく なりますので、
なるべく お電話で お問い合わせ ください。

ということで
簡潔に 以下 ご説明申し上げます。

まず

作は 5代 宮川香斎 (2代 真葛香斎・治平香斎) 。

傑作です。

紛れなき 最高傑作です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次に 皆具 そのものの ご説明ですが

大きさ、重さは ほぼ 標準です。

皆具というのは 古く 遡るほど どうも 大きくなるようです。

水指も 杓建も なんか 大きいのありますでしょう。

その類では ありません。

今の通常の 大きさで 水指だけなら 棚にも いけます。
(あえていえば。)
ですから 大きくも 小さくもない。
と 受け取ってください。

次は 図柄。

清水特有の 半磁器で 地色は 象牙色。
扇面流水。
正面が どこか?
と 聞かれたら 戸惑うほどに 書き込んでいます。

とりわけ 金色が まばゆいばかりです。
扇面に 百花繚乱。

そして 流水が なんとも 動きのある 意匠です。

其の外は 画像を ご覧ください。

四点 それぞれに 印 あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次は 箱書などの 次第の ご説明です。

二重箱に なっていて

外箱は 杉。
蓋の表に 
扇流し 遊鐶 皆具。 箱書は 宮川香斎。

中箱は 桐で 
蓋の表は 即中斉の 箱書で
真葛 扇流 遊鐶 皆具 花押。

同 箱の底に 香斎 の箱書あり。

箱も 箱書も 美麗で 文句なしです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大体 こんなとこで 説明は おわります。

大事なこと 状態 ですが

状態 良好です。 非常に 良好です。

美しい 茶道具 ということでは

究極の 茶道具 です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


納品については 打ち合わせが 必要です。

運送便でも いいのですが

手渡しの 納品も 考慮しています。




5代 宮川香斎 (2代 真葛香斎・治平香斎) (1922〜 )

本名、治平。5代 清水六兵衛に師事し陶技を習得、
1947年に4代宮川香斎の長女と結婚し香斎に宮川家の手法を学ぶ。
1969年に正式に4代の婿養子として縁組を組み、
72年に5代宮川香斎 (2代 真葛香斎) を襲名、
表千家 即中斎宗匠より「真葛」印を拝印。2002年 息子和男に6代目を襲名させ、隠居。
「治平香斎」とも。

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz