ひなや福寿堂  水指 ふ の ページです。  
はじめ蓋置は台子皆具の一つとして、建水の中に仕組まれていました。その後独立した道具として別途に作られるようになり、唐銅皆具の写しから始まり、さまざまな形が生まれ金属(唐銅・南鐐・鉄)、陶磁(青磁・染付・国焼・樂)で作られるようになりました。
 

f23 真葛焼 宮川香斎 玉の絵ウロコ  蓋置 12000円 共箱
胴径5.4cm 高さ5.1cm

土物。

作は 宮川香斎 さん。

ちょっと 変った 蓋置です。

形は 三角 おにぎり形。

それに 宝珠の絵。

状態 良好です。

おすすめ。

 

5代 宮川香斎(2代 真葛香斎・治平香斎)
Kosai Miyagawa5th(Kosai Makuzu2nd)
1922 ( 大正11 )〜 ( 現在 )
本名:三喜重
通称:2代 真葛香斎
号:治平
東京出身 師、4代宮川香斎、5代清水六兵衛
当初、陶芸クラブにて5代 清水六兵衛に師事して陶技を習得、また、1947年には4代宮川香斎の長女と結婚して香斎に宮川家の手法を学ぶ。
その後69年に正式に4代の婿養子として縁組を組み72年に5代宮川香斎(2代 真葛香斎)を襲名、即中齋宗匠より「真葛」印を拝印。
茶陶を中心とした作品で赤絵、染付、交趾など磁器焼成に秀作を残し東京日本橋三越、京都高島屋などで個展を開催。

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz