大きさは 標準です。

 

横から↑

 

鐶付は 獅子。

 

即中斉さんの 在判。

 

底 状態 良好です。

 

釜の 側面。

 

釜の底 状態 良好です。 1,2回使っただけです。

 

摘みは 銀。

ごく ごく 僅かに 水のシミ ありますが 状態 良好です。

 

風炉の底に 彫銘。

共箱 二個、 共裂。↓

k30 角谷一圭作 唐銅朝鮮風炉 即中斉好 真形切合釜添へ  60万円 共箱

 

作は (人間国宝) 角谷一圭さん。

50年ほど 前の物。

殆ど 使っておりません。

未使用といっても いいほどです。

状態 非常に 良好です。

 

桐箱も 上等です。

各画像を よく ご覧ください。

さすがに 良い肌合いです。

即中斉好 真形切合釜添へ。

強く おススメ申しあげます。

 

角谷 一圭(かくたに・いっけい、1904年(明治37年)10月12日 - 1999年(平成11年)1月14日)は、釜師。本名辰治郎[1]。茶の湯釜の重要無形文化財保持者(人間国宝)。大阪市生まれ。
1904年、大阪市東成区深江生まれ[2]。1917年、釜師であった父巳之助から茶の湯釜の製作を学ぶ[1]。後に大国藤兵衛、香取秀真に師事して鋳金全般を学ぶ[1]。1947年日展に初入選、1958年日本伝統工芸展で高松宮総裁賞を受賞、その後も受賞を重ねる[1]。茶の湯釜以外に鏡の製作も行い、1973年の伊勢神宮式年遷宮の際に神宝鏡31面を鋳造している[1][2]。1978年に重要無形文化財「茶の湯釜」保持者となった[1]。


 

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz