掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。

k35 人間国宝 角谷一圭 帰帆地紋 肩衝釜 33万円 共箱
胴径29.5cm 高さ20cm

作は 人間国宝 角谷一圭  さん。

角谷一圭  さんが もっとも油の乗り切ったころ、ほぼ五十歳くらいの作品です。

そして 帰帆地紋  というのは 一圭 さんの もっとも得意とする図柄です。

帰帆地紋 に 堂々たる  肩衝 の姿。

タップリしてます。

鐶付は 鬼面。

摘みは 南陵。(本銀)

ところで 帰帆といいますのは 

すぐに思い出すのが 大見八景の中の一つ  矢橋帰帆 。

ですが この釜の場合は 一般的に港に入ってくる帰ってきた舟

と お取りください。

何日も 何十日も航海して やっと港に入ってくる舟には

いっぱいの 喜びと荷物が詰まっています。

帆に風を受けて 入津してくる舟を見て

港では 歓声をあげて迎えるのでしょう。

とても 嬉しい場面です。

季節は特にありませんが 特に言えば 正月から 春です。

いろいろな 人に いろいろな思いが詰まっているのでしょう。

状態 非常に良好です。

内側も 錆びなく 良好です。

このままお使いいただけます。

格安にておススメ申し上げます。

 


矢橋
近江八景 矢橋帰帆(歌川広重画)
矢橋(やばせ)は滋賀県草津市の集落地名。矢橋から船に乗り対岸に達すると東海道の近道になることから、古くから琵琶湖岸の港町として栄えた。近江八景の「矢橋帰帆」として有名。現在は矢橋帰帆島が建設され当時の趣はない。また矢橋帰帆島と湖岸との間の水路に赤潮・アオコが発生しやすく問題が指摘されている。

 

角谷一圭
金工家。明治37年(1904)生。香取秀真らに師事。
日本伝統工芸展高松宮総裁賞・朝日新聞社賞受賞。
茶の湯釜の制作で人間国宝に認定される。大阪住。

 

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz