k45 指物師 近藤道恵造 遠州 糸巻棚 6万円 共箱
胴径26.5cm四方 高さ47cm

 

作は  指物師 近藤道恵 。

遠州 糸巻棚 。

かなり古いです。

ざっと 150年は経っています。

もっとかもしれません。

よくこんなに 綺麗に 残っているものです。

 

僅か ゆらつきますが 完品といえます。

古いものですから 数々 欠点はありますが

画像をよくご覧ください。

強く おススメ出来るものです。

貴重品。

 

天板きれいです。

 

中板 右奥 修復跡あります。↑

 

 

 

近藤道恵(こんどうどうえ)は、江戸前期から明治時代まで続いた、加賀前田家お抱えの塗師屋(漆塗りの細工、漆器の製造に従事する職人)。古田織部〈ふるたおりべ・1543-1615〉に知遇され、小堀遠州〈こぼりえんしゅう・1579-1647〉の引き立てにより名をあげた。11代続く家柄で、代々、同名の道恵を名乗る。

近藤道志(読み)こんどう どうし.
?−? 江戸時代前期の漆工(しっこう)。
近藤道恵の子。京都にすみ,片桐石州,小堀遠州の茶器をおおくつくった。父とともに漆の表面に極細の波紋をつける「いじいじ塗り」を発明したとされる。通称は源助。

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz