釜47 横倉嘉山 真形羽落 浜松紋釜  4万円 共箱
口径11.5 胴径27cm 高さ21.5cm 

作は 山形の名工 横倉嘉山 。

地色は やや 茶色目。

大きさは 炉用

形は 真形羽落 。

図柄は 浜松。

摘みは 銀。

使いやすい 釜ですね。

内側は ちょっと 錆び あります が このまま 使えます。

総合して 状態 良好です。

おすすめ。

 

横倉嘉山

横倉嘉山(1915〜)
山形県で生まれた鋳金家、釜師です。
山形は山形鋳物という山形県山形市周辺で生産されている日本の伝統的工芸品の一つで1975年に経済産業省(現在の通産省)によって伝統的工芸品の指定を受けました。
鋳物の技術を利用した機械部品の鋳物も盛んに作られており、他の鋳物の産地とは違った一面も持ち合わせています。

 
そんな山形鋳物の作家として活躍している横倉嘉山は、端正な肌が特徴の釜作りの名人として知られており、釜以外にも鉄瓶、花入などの鉄製の茶器の制作にもその力量の高さを見る事ができます。
日展で初入選して以来、数多くの入選を果たしており、外務省主催の海外芸術祭にも選抜されています。
日展の審査員もつとめ、山形市の依頼を受け、皇太子殿下ご夫妻に献上する茶の湯釜「肩衝紅花釜」を制作するなどの活躍を見せています。

 
また、茶器以外にもオブジェ的要素の強い作品の制作も行っており、壁掛けの彫刻作品や一見、何に使うのか分からない灰皿のような作品など茶器の作風とは違った一面も見せてくれる作家として注目されています。

横倉嘉山年表

1915年 山形県で生まれる
1951年 日展で初入選する
1959年 日展で特選・北斗賞を受賞する
1966年 日展審査員をつとめる
1972年 皇太子殿下御夫妻に献上の茶の湯釜を製作する

1915年 山形県で生まれる

1951年 日展で初入選する

1959年 日展で特選・北斗賞を受賞する

1966年 日展審査員をつとめる

1972年 皇太子殿下御夫妻に献上の茶の湯釜を製作する

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz