香合104 桑 香合 雪輪蒔絵 11万円 共箱
         円能斎 在判 箱書
胴径5.6cm 高さ3.5cm

非常に 珍しい ものです。

まず 円能斎 さんの 箱書 在判 が あります。

小さな 香合で 平棗を 小さく したような 形です。

材質は 桑。

桑を 拭き漆で 仕上げて その上に なんと 銀で 雪輪 の 蒔絵です。

そして 香合の内側は 金箔しあげで 蓋裏に 朱漆で 円能斎 の 花押。

なんと 嬉しい 香合でしょうか。

しかも 香合、箱 ともに 綺麗に 残っています。

モヒトツ この香合 雛の席に いかがですか?

夢が ひろがります。

炉の時期に 木製の 香合は どうか? という向きもあろうかと 存じますが

かまわずに お使い下さい。

椿の 葉を 引いていただければ それで OK。

画像では お解り頂きにくい と 存じますが

小さくて 古色が あって 銀蒔絵の銀さびが なんとも 気持ち良いのですよ。

今宵も ひなやは こうして 一人喜んで おります。

状態 良好です。

メチャンコ おすすめ 申し上げます。

香合の作は 解りません。

 

十三 鉄中宗室 圓能斎 1872年-
1924年8月5日 対流軒・近代化に尽力

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz