k11 前端雅峯 シカ香合 厳島神社献茶記念 45000円 共箱
    不徹斎 在判 箱書
胴径8.5cm 高さ3.4cm

厳島神社献茶 の記念に 好まれたものです。

前端雅峯 の作で 木製 溜塗。

蓋の甲に 鹿 の 彫り物。

見込みは 紅葉の 図柄 です。

格安にて おすすめ 申し上げます。

二重箱。

状態 良好です。

 

前端雅峯
石川県山中の木地師前端春斎(初代)の子として生まれ、少年期より父の仕事を手伝う傍らで蒔絵技術を修得、その後、家事に従業したが更なる技術向上を求めて1961年には塗師村田道寛に茶道具形成を、また加賀蒔絵の技法を保谷美成に師事。
以降は山中塗の伝統技法を基本としながら棗、菓子皿などの茶道具を中心に秀作を残す。
作品はローマ法王・天皇陛下・高円宮殿下献上など栄を賜る。
現在は長男が3代春斉を襲名。
 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz