k128 清水楽山 粉引兎香合 2万円 共箱
胴径5.8cm 高さ4.7cm

作は 清水楽山 。

この人は 名工で 遠州の 職方です。

全然 目立たない 陶工ですが 茶方の 作家としては 最高の 陶技です。

この 真っ白の 兎さん。

是非 手に取って ご覧いただきたいのです。

実は ひそかに 買って貯めんとしているのですが

どうも 知っている方が あるようで

すぐに 売れてしまいます。

良いものは 誰が見ても 良い という事でしょうね。

勿論 おススメ です。

 

 

清水楽山(しみず らくざん、1894年(明治27)〜1969年(昭和44))
大正窯。三重県四日市出身。
15歳で万古焼の修行をしたが、当時の万古焼は大量生産であったため個性を発揮出来ず、
大正11年に京都清水焼の勉強のため上京。
その後は各地方の有名窯をめぐり歩き、帰郷。
後に遠州流小堀宗明により、指定御用窯に認定され、雅号を「宗楽」とする。
また後年は、諸窯の指導にも力を入れた。
陶印は枠無「楽山」七宝枠「宗楽」、また釘彫「楽山」枠印「楽山」

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz