掛軸と茶道具の卸店 ひなや福寿堂です。

香合15 市川銕琅造 三輪雛 木彫香合 即中斎箱書 45万円
共箱 9×6 高さ3cm

即中斎宗匠と銕琅の 取合せ、意匠は 日本最古といわれる 三輪雛です。

男雛、女雛ともに 顔に経年のための変色あります。

全面彩色、内側は金箔、蓋裏に 即中斎花押です。袴の裏に刻銘。

 

ちょっと 寄道。

市川銕琅 という作家は 皆様 ご存知ない方も 多いかと 思います。
履歴については 下記をご参照ください。
昭和62年に 奈良で 亡くなっていますが
生まれは 東京調布国領町 です。

話が 長くなりますが
其の頃の エピソードを 一つ。

市川銕琅の幼い頃の おはなしです。
銕琅は3人兄弟末っ子で名は虎蔵。
3人兄弟は、「小倉百人一首かるた」を作りました。
特技を活かして、書が好きな長兄は和歌を、器用な次兄は色紙でかるたを、そして絵の好きな虎蔵少年は殿さま・姫さま・坊主などの絵を。 
出来上がったかるたは、母親の手作りの黒木綿の巾着風の袋に入れられました。

子供は こう育てたいものですね。



市川 銕琅 ( いちかわ てつろう )1901〜1987
鉄筆彫刻家。
明治34年 市川金蔵なか三男として東京調布国領町に生まれる。
本名虎蔵。加納銕哉に師事する。
加納鉄哉が復活した鉄筆彫刻の最後の継承者。
写実的な木彫と、置物や茶道具に鉄筆で細かく自然の風物を刻むのを得意とする。
30代で聴力を失いながらも、製作を続ける。
清水公照より「天下の至宝」を評されるまでに至る。
名誉利益を欲せず、個展活動に終始しました。
昭和62年(1987)1月14日歿、85歳。

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz