掛軸と茶道具の卸店 ひなや福寿堂です。

香合3 宝漆陶 大仲翆月 鶴蒔絵地紙香合 22万円 共箱
     淡々斎 在判 箱書
胴径9.2×4.3cm 高さ2cm 

宝漆陶 というのは とても 珍しい技術で

焼物の上に 蒔絵をするという 特殊な 技法です。

現在 日本では 大仲翆月さん お一人で 京都の山科に いらっしゃいます。

扇面の形に 表側は 金の梨地に 松喰鶴が 三羽。

蓋の裏は 銀の砂子 で 淡々斎の 在判。

大仲翆月 の印は 底にあります。

淡々斎宗匠の箱書は とても綺麗です。

この 大仲翆月さんの 作品は 淡々斎と鵬雲斎の 箱書が よくあります。

お付き合いが あったんでしょうね。

地味派手な 作行きが 茶の湯に よく 似合っています。

状態 良好です。

おすすめ。

 

宝漆陶 大仲翆月

宝漆陶 翠月

ホウシツトウ スイゲツ
宝漆陶 翠月

陶(磁)噐を素材とした蒔絵漆装は古く中国楽浪時代、
及び日本江戸時代の漆芸家小川破笠一派の破笠細工に見られます。
それらの形態は、素焼面及び焼〆部分に施してあり、
ガラス質の釉薬の上に蒔絵漆装は密着がわるくすぐに剥落してしまうので
不可能とされていました。
しかし「宝漆陶」は釉薬面に蒔絵漆装を特殊な方法で密着さすことにより
可能にしました。
そのようなことから「大仲翠月」の作品は世界唯一の芸術品として
愛されています。

    

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP   へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz