TOP

 

 

        

香合59 永楽妙全 仁清写し 鶴 香合 8万円 共箱
幅5,5×9cm 高さ7,7cm

清水特有の 半磁器で 地色は 象牙色。

土は ごく細かい 灰色の 砂粒が 混じった 土です。

丹頂鶴。

やや 大きめ。

印は 底に 明瞭な印。

箱書には 十二之内 とあります。

状態 については 問題ありませんが、

あえていえば
身の 後の シッポの先に 無釉の 部分があります。
4×2ミリ程ですが これは 不良品でも キズでもありません。

ですが
手に とられてから 気になると いけませんので
あらかじめ 説明しておきます。
画像では 解りにくいと 思いますが、、、

そういうことで

状態 良好です。 とします。




永樂妙全  (えいらくみょうぜん、1852年 - 1927年10月1日)
京都の女性陶芸家。
本名は悠。夫は永樂得全(14代 土風炉師・善五郎)。
善五郎を襲名する事はなかったが、技量に優れ作品への評価は高い。

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz