底↑

 

戊辰(つちのえのたつ) 昭和3年。淡々斎 41歳。

 

k81  十二代 黒田正玄 竹節香合 10万円 共箱
      淡々斎 箱書 在判
胴径7cm 高さ2.5cm

作は 十二代 黒田正玄

竹節を すぱっと合わせた 極めて簡素な 作りです。

おそろしく薄いです。

合口は 矢筈の形になっています。

この香合は いっけん何気なく無駄のすべてを削いだような 仕事ですが

まず 名人でないとできない仕事です。

そして 解りにくいですが 小判型の刻印があります。

画像をご覧ください。

これを 隠し印といいます。

まず 普通にみて見つけることはできません。

こういうのは ほんとは誰にでも申してはいけないことなんです。

2〜3日はこの文章を入れておきます。 でもその後は削除します。

つぎに 箱書きは 淡々斎宗匠。

戊辰(つちのえのたつ) 昭和3年。淡々斎 41歳。

香合のふたうらに 朱漆で 在判。

以上 見事な竹節香合です。

状態 良好です。

超 格安にておススメ申し上げます。

 

十二代 正玄(明治39年〜昭和63年)
本名「久万吉」。十一代の長男。父が死去したときまだ6歳だったため、叔父・黒田常次郎と父の弟子・上田定次郎に後見され、大正15年に家督相続する。昭和18年に政府認定技術保存資格者、昭和51年4月28日紺綬褒章受章。94歳で死去。

淡々斎
茶道裏千家十四世家元。東京生。裏千家十三世円能斎の長男。幼名は政之輔、号に碩叟。30才で家元を継承。淡交会を結成、ついで国際茶道文化協会を設立し茶道の海外普及につとめた。紫綬褒章受章。昭和39年(1964)歿、71才

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz