香合96 川瀬満之 色絵羽子板香合 15000円 共箱
胴径11.7×3.7cm 高さ1.8cm

川瀬満之 さんは 初代川瀬竹春 の 息子さんです。

綺麗な 作風で 清潔感が あります。

羽子板の 香合。

表側が 紅白梅 と 笹 の絵。

内側には 緑釉に 金で 松葉、 あわせて 松竹梅です。

蓋を 見開いたときが 楽しみです。

状態 良好です。

おすすめ。

 

川瀬満之1933年(昭和8)〜(現在)京都出身
染付、赤絵、金襴手といった、初代竹春譲りの作域から独自の青釉、黄釉を用いた
創作陶器まで幅広く手掛け花瓶、茶碗、食器、鉢などを製作。
1933年 初代川瀬竹春の次男として生まれ、兄に2代竹春を持つ。
1951年 父の下で修行を重ねて、に五条坂に築窯、独立。
1968年 日本工芸会正会員に推挙される。
 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz