ひなや福寿堂の作家ご紹介。 このページは 日本画家 菅楯彦 を 中心ご その 門下生達を紹介します。 菅楯 彦  梶 真人  生田花朝 等。

 

菅 楯彦 すが たてひこ (1878〜1963)

明治11年鳥取県に生れる。本名は藤太郎。初め盛虎、のち静湖と号す。父は日本画家菅盛南。幼いころ大阪に移り、師はなく独力で土佐派その他を学ぶ。大阪に長く住み好んで大阪の庶民風俗を描く。大阪市民文化賞、大阪府芸術賞などの外、長年の日本画活動とその業績により、昭和33年の第14回日本芸術院恩腸賞を受賞する。37年大阪市名誉市民となる。昭和38年大阪市で歿。享年85歳。  

 

 

絵199 菅楯彦 研師 鎧師 双幅  13万円 共箱
掛軸寸法31×189.5cm
本紙寸法21×111.5cm

 

 

絵200 菅楯彦 大津絵 大黒髪結  8万円 合せ箱
掛軸寸法45×187cm
本紙寸法31.5×98.5cm  

 

書74 菅楯彦 一鳴銅羅皷 6万円 合せ箱 二重箱
掛軸寸法29.7×203cm
本紙寸法27.5×126.5cm

e85 菅楯彦 大伴田旅人讃酒 ¥220.000.- 紙本縦物 合せ箱
掛軸寸法 幅50cm 高さ199cm
本紙寸法 幅36cm 高さ122cm
 

 

  

絵42 菅 楯彦 山部赤人 10万円 合せ箱
掛軸寸法30  ×185cm
本紙寸法20,5×108cm

 

雛絵12 菅楯彦 立雛 12万円 合せ箱
掛軸寸法 38×191cm 本紙寸法 33.5×104.5cm

 

 

具、します。  鑑定見積り無料です。  お気軽にどうぞ   

 

没後50年 管楯彦 ―浪速の粋 雅人のこころ

没後50年 菅楯彦展 ―浪速の粋 雅人のこころ - 鳥取県情報センター

 

 

絵の掛軸

無季の掛軸 慶事の掛軸
雛の掛軸   仏事の掛軸

 

 

 

生田花朝
日本画家。大阪生。父は国学者生田南水。名は稔。俳句を父南水、漢学を藤沢黄波、国学を近藤尺天に学ぶ。
菅楯彦に大和絵・有職故実を学び、北野恒富にも指導を受け白耀社に所属。大阪の風物を大和絵風に描き続けた。
日展依嘱出品・帝展・新文展無鑑査。大阪市民文化賞・大阪府芸術賞受賞。昭和53年(1978)歿、88才