掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。

n18 一瓢斉 唐松絵蒔絵 平棗 16万円 共箱
      
鵬雲斎 在判 箱書
胴径8.6cm 高さ6.1cm

作は 京都の 名工 一瓢斉 。

さすがに 上手です。

 平棗 

図柄は 唐松 で 基本的なもの。

こういう 図柄は 重宝しますね。

ほかの お道具の 邪魔を しませんので 無難です。

大きさは 普通。

状態 良好です。

鵬雲斎 在判 箱書 です。

状態 良好です。

格安にておススメ申し上げます。

 

一瓢斎 (一瓢栄造)
昭和十七年、代々続く蒔絵師の家に生まれる。父・六代一瓢斎、清水屋恒民に師事。
茶道具、特に棗を中心に制作。
棗の限られた面に蒔絵の様々な手法を駆使し施す。
昭和五十九年、第十二回工芸産業技術コンクール入選。 京蒔絵工芸会会員。

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz