このページは、打出焼 阪口砂山の作品をご紹介します。
打出という所は、兵庫県芦屋市にあります。当店から西へ、車で5分ほどです。
最寄の駅としては、阪神電鉄の打出駅です。
明治から昭和にかけて、親子二代で作陶していましたが 現在は廃窯となっております。 阪口砂山の茶陶は、大変魅力あるもので、是非、皆様にご覧頂きたく このコーナーを新設いたしました。ご高覧頂ければ幸いです。
 ひなや福寿堂

 

 

    

29 打出焼 阪口砂山 油滴 茶入 35000円 合せ箱
胴径4、7cm 高さ7,3cm

打出の 茶入は 珍しいです。

これを 見つけましたので
私が 仕覆と 桐箱を 誂えました。
ついでに 箱の底に 僭越ながら 私目が 極め書を しておきました。
後に 何か 解らなくなると 困りますので、、、
お許しください。

仕覆は 正倉院如意華文。

底に印あり。

貴重品です。

状態 良好です。


 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz

 

 

稲井玉甫

1924年 大正13年 六趣園発足
(会員:稲井玉 甫・魚野自醒・上原春光・山田楽全・湯浅守一・三木玉 真)
近代京漆器年表より