n52 駒沢利斎 桐木地   8万円 共箱
    惺斎 箱書
胴径6.7cm 高さ7cm

格安です。

欠点はありません。

あえて言えば桐の木地が 経年のための 変色あります。

というだけです。

しかしこれは自然のものですから 当然といえます。

では 棗の説明を申し上げます。

材質は 桐。

作は 千家十職 駒沢利斎 さん。

桐箱の 底に リの小判印があります。

箱書は 惺斎 さん。

棗の蓋裏に 惺斎 さんの在判。

棗の内側は ベタ金。

もちろん本金です。

状態 良好です。

格安にて強くお勧め申しあげます。

 

惺斎

茶道表千家十二世。十一世碌々斎の長男。幼名は与太郎、名は宗員のち宗佐。号は惺斎・敬翁。明治三九年に失火焼失した不審庵を再興、松風楼を増築した。好みの茶道具は歴代中最多で、十職以外の工芸家や各地方の国焼の育成にも尽力する。昭和12年(1937)歿、75才

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz