n56 十二代 黒田正玄 高臺寺蒔絵 竹 平棗  18万円 共箱
     淡々斎 箱書 
胴径8.2cm 高さ6.2cm

作は 千家十職 黒田正玄 さん。

さすがに 上手な作です。

とても薄造りです。

よく こんなに 薄く削れたものです。

どうしたらこんなに 割れずに削れるんでしょうか。

さすがですね。

なので とても軽いです。

でもしっかりした 塗りで 堅牢に仕上がっています。

内側は 黒の無地。

状態 良好です。

季節はありません。

格安にておススメ申し上げます。

 

十二代 正玄(明治39年(1906年) - 昭和63年(1988年))
本名「久万吉」。十一代の長男。父が死去したときまだ6歳だったため、叔父・黒田常次郎と父の弟子・上田定次郎に後見され、大正15年(1926年)に家督相続する。昭和18年(1943年)に政府認定技術保存資格者、昭和51年(1976年)4月28日紺綬褒章受章。94歳で死去。

 

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz