n83 坂一哉作 宗慶好 家紋蒔絵 朱棗 鶴寿 16万円 共箱
    小堀宗慶 在判 箱書
胴径7.3cm 高さ7.3cm

作は 遠州の職方の 坂一哉 さんです。

朱色の地に 金蒔絵で七宝繋ぎに鶴丸文。

内側は 黒無地で 宗慶さんの古稀の在判です。

まあ見事にきれいな 花押です。

そして 棗の板の部分にも 家紋が入っています。

まあこった デザインです。

仕覆は 紅白。

箱書もばっちり。

いうことありません。

状態 良好です。

強くお勧め申しあげます。

 

小堀宗慶
茶人。遠州流十二世。大正12年(1923)東京生。十一世宗明の長男。名は正明、別号に喜逢・成趣庵。幼少の頃から父に師事。東美校で日本画を学ぶ。十二世継承後、遠州流の普及につとめ、茶道遠州流会長、小堀遠州顕彰会理事長、東京茶道会会長として幅広く活躍。また花道・香道・書道各般に通じ、画は森村宜永につき能くする。

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz