3 藤原定家 小記録切 堀江知彦 極め

定家は 膨大な書を 残しているが は その言葉とうりに メモ用紙である。

この小さな方形の紙に 日常に 起きた 数々の事件を メモしている。

メモ魔 ともいえる。

定家の 日常が 生に感じられて 茶掛には 格好の材と なっている。

 

 無大弁大宰相書是無宰相者〇
 〇〇弁書者

大弁審議就審議座上以
 降地更着者

上郷又同是
 或近倒此度可召僧名給審議
 是為省煩也

次〇〇審議摺黒〇〇大間
 〇読揚与奪之