茶杓105 西川楳玄 下削り 竹 茶杓 15000円 共箱
        大徳寺 黄梅院 宮西玄性 銘 虫の声
櫂先丸形 丸撓め 直腰 切止4刀 しみ竹 長さ8.5cm

西川楳玄 下削り 。

箱書は  大徳寺 黄梅院 宮西玄性 。

しみ竹。

飴色の やや 寂しそうな 景色です。

櫂先への 樋は 薄くあり。

手元の シミが 虫の音を感じさせます。

銘  虫の声 。

状態 良好です。

箱の 蓋裏に 

秋風の夜さむ し?れて 多かりも はたおり虫の 声しきるなり 大綱和尚遺詠 前大徳玄性叟。

洒落ています。

 

宮西 玄性 みやにし げんしょう
明治37年 金沢市に生まれる
昭和 3年 京都府八幡の円福寺にて得度
昭和 8年 滋賀県明星庵 住職
昭和27年 大徳寺 黄梅院 住職 大徳寺 宗会議長を務める
昭和50年 退職
昭和57年 遷化 78歳

西川楳玄 茶杓師
 京都 鷹峯の竹工芸の名工

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz