茶杓15 萬拙 竹 茶杓 銘 凍滝 12000円 共箱
櫂先丸型 丸撓め 切止4刀 直腰 白竹

あっさりとした 白竹の茶杓。

節の景色よし。

凍滝 は いてたき と読んで 季節は 晩冬

キリットした 茶杓の姿が 凍滝 を 連想 させます。

 

凍滝の うす緑なる 襞の数 高浜年尾.

おすすめ。

 

凍滝

読み方:イテタキ(itetaki) 氷の滝 季節

凍滝(いてたき) 晩冬

子季語 滝凍る、冬滝、寒の滝、氷り滝、氷瀑
関連季語
解説 凍りついた滝のこと。流れ落ちるまま氷つた姿は壮絶で美しい。
来歴  
文学での言及  
実証的見解  
参考文献  

 

山口 大痴 やまぐち だいち
<大痴 宗秀 1914〜1985> だいち そうしゅう
大正3年 長崎県に生まれる。
須磨禅昌寺で島田菊遷に就き、相国寺・永保寺・南禅寺の各僧堂において修行を重ねる。
昭和46年 大徳寺興臨院の住職に就任。
昭和60年 遷化 71歳。
晩年は 萬拙とも号した。
大徳寺 塔頭 興臨院の住職


 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz