虫食い シミ あります↑

 

 

書132 岡本豊彦 稲荷祭 25000円 合せ箱
掛軸寸法37×197cm
本紙寸法34.5×116.5cm

本紙は 紙本。 半切。

絵は 岡本豊彦 さん。 江戸後期の四条派の画家です。

図柄は 稲荷祭 。

画面上部には 山の上に赤い鳥居が 見えています。

旗も たくさん立っています。

この社は お稲荷さんです。

その年の初午の日が縁日で だいたい2月ぐらいです。

とても 寒い季節です。

画面下に 男の子が二人。

小さいほうの子は 赤いべべを着せてもらっています。

担いでいるのは 正一位稲荷大明神。と書かれています。

御狐様でも 正一位とは大したもんです。

並んでいる大きいほうの男の子は 大きな絵馬を担いでいます。

それにしても よく太った子供のです。

絵馬には馬が描かれています。

きっと お稲荷さんのお堂に奉納するんでしょうね。

子供二人で 健気なもんです。

初春の 風景です。

表具は 裂表具。

かなり 古いウブ生りの表具です。

一文字 唐草吉祥文金襴(変色あり)
中廻し 竜花文金襴
 (変色あり)(左右ホツレあり)
天地  細絓(しけ)正絹  
軸先 遠州 黒塗
箱 桐

中回し左の柱 破れあり。

本紙に僅かシミあり。

ですが 状態 良好といえます。

楽しい図柄です。

是非お求めください。

 

岡本豊彦
江戸後期の画家。備中生。字は子彦、通称を司馬、号に繭村・鯉喬等。呉春の弟子で、山水・人物画が特に優れ、松村景文と四条派の双璧を成した。呉春より南画的文人画的要素が多い。門人に柴田是真・塩川文麟らがいる。京都に住した。弘化2年(1845)歿、73才。

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz