書133 菅楯彦 立雛 叡運賛 35000円 合せ箱
掛軸寸法36×196cm
本紙寸法33.5×137.5cm

本紙は 紙本。

半切。

細物にて 姿良し。

絵は 菅楯彦 さん。

かわいい 楯彦さん独特のお雛様です。

おそらく 菅楯彦  が 20〜30歳くらいの時の作品です。

賛は 藤村叡運  。

玉殿にまつる ひゝなの いもとせは 千とせかわらぬ 契なりけり 叡運

楯彦と 叡運  の 組み合わせはたまに見かけますが そうあるものではありません。

藤村叡運  は 

1848−1917 明治-大正時代の僧。
嘉永(かえい)元年生まれ。真言宗。奈良の東大寺真言院から大阪高津の自性院にうつり,のち契沖の旧跡として知られる円珠庵の住職もかねた。中村良顕(よしあき)にまなび,和歌にひいでた。大正6年12月31日死去。70歳。山城(京都府)出身。

表具は 紙表具。

全体 僅かしみありますが 

状態 良好といえます。

おススメ申し上げます。

 

楯彦さんと 花朝さんと お雛さんの 絵の話。
楯彦は 花朝を弟子にとってから 雛の絵は 描きませんでした。
注文があると お雛さんは 花朝に書かせてやってくれ と 
言って 雛は 書かなかったそうです。
だから 楯彦の人生の 後半にはお雛さんの絵はまずありません。
その代わりに 花朝さんのお雛様は 沢山あります。
花朝さんの 雛の絵には 楯彦さんは必ず 

みちとせに なるてふ桃の今年より 花咲く春にあひにけるかな。

という歌を讃しました。
麗しい 師弟愛でございますね。 

 

藤村叡運 ふじむら-えいうん
1848−1917 明治-大正時代の僧。
嘉永(かえい)元年生まれ。真言宗。奈良の東大寺真言院から大阪高津の自性院にうつり,のち契沖の旧跡として知られる円珠庵の住職もかねた。中村良顕(よしあき)にまなび,和歌にひいでた。大正6年12月31日死去。70歳。山城(京都府)出身。

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz