書150 横井明堂 明歴々露堂々  13000円 合せ箱
掛軸寸法32×172.5cm
本紙寸法29.5×100cm

本紙は 紙本。

細物にて 姿良し。

書は 大徳寺の 横井明堂さん。

文句は 
明歴々露堂々 。

表具は 裂表具。

状態 良好です。

お勧め申しあげます。



横井明堂
大阪府堺市にある大徳寺派南宗寺塔頭小林寺の住所を務める
南宗寺では武野紹鴎や千利休が修行したゆかりの寺で、沢庵和尚が住職をしたこともある名刹


明歴々露堂々
「明」は明らか、「歴々」は歴然ということ。「露堂々」は、そのはっきりと見えるものが、堂々とあらわれているということ。すべては明白にして隠された真実などない。しかし、煩悩や執着で目が曇るとそれが見えない。

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

 

 具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:
info@hinaya.biz