掛軸と茶道具の卸店、ひなや福寿堂です。

 

 

 

掛物の全体画像の 左下の 白い部分は 真っ白の コピー用紙です。色の比較の為に 参考にしてください。

 

    

24 淡々斎 チマキ 自画賛 35万円 共箱
掛軸寸法 46×117cm
本紙寸法 44× 30,5cm

本紙は 紙本。
唐紙 (やや黄色い色の 中国産の紙のこと。茶掛によく用いられる。)

横物にて 姿良し。

粽 二つに 賛は 蒲酒慶佳辰。

蒲酒慶佳辰 は
蒲酒
ショウブの根を細かく刻んで浸した酒。邪気を払うため、端午の節句に飲んだそうです。
端午、中国においては邪気を払い健康を祈願する日とされるそうです。

似たような 文句に 玉粽慶佳辰 とうのが ありますが
この言葉も 淡々斎宗匠は よく お使いになっています。

佳辰は 嘉辰 ともいって めでたい ということです。

この 粽絵賛は 淡々斎宗匠の 十八番ですが
この 掛物は とくに 良い出来です。

ちょっと 欠点が ありますので 明記します。

折れ
粽の上下に 折れ が 4筋ほど あります。
シミ
ちょっと ありますが これは まあ 問題ないでしょう。

状態 良好とはいえませんが
淡々斎のものとしては 普通でしょう。
あえていえば 良い方です。
作品の出来は 上々出来です。

箱いきも 良し。

表具は

一文字 本金 竹屋町
中廻し 牡丹唐草文 どんす 
天地 支那パー
軸先 宗丹 黒塗
箱 桐 共箱 紙タトウ


おすすめ。



蒲酒慶佳辰 (ほしゅかしんをよろこぶ)
蒲酒は菖蒲のお酒、端午の節句ではこの菖蒲のお酒を飲んでいたそうです。
端午の節句には菖蒲酒を飲んで佳き日を祝うという意味。


 

  

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz