書64 淡々斎 ツノダル絵賛 鵬雲斎 極め箱 35万円
掛軸寸法32×190cm
本紙寸法29.8×115cm 

本紙は 紙本。

細物にて 姿良し。

ツノダルの絵に 賛は 可祝 宗室書画一筆。

可祝 は かしく。 めでたくかしく の かしく。

豪快な ツノダルの絵の 下に 今日庵 花押。 とあり。

表具は 極上にて 改装済。

一文字 胴入竹屋町
中廻し 七宝繋ぎ文銀蘭 
天地 絓(しけ)正絹
軸先 頭切 黒塗
箱 桐
 鵬雲斎 極め箱 

たった一つ、欠点というべきか 否や というのは

可祝 という字のあたりに 横に 薄墨を 刷いています。
これは 淡々斎さんが うすく たなびく雲を 意図してのもの と考えます。

それが うすい シミのように 見えますが
画像を よく ご覧ください。

結論として 状態 とても良好 といえます。

溌剌とした 淡々斎宗匠の 書画 そして 鵬雲斎宗匠の箱書。

嬉しい 掛物でございます。



めでたくかしく
[連語]相手をほめ、恐れつつしむの意で、女性の手紙の終わりに添える語。
かしこ。めでたくかしこ。

 

                                                              このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

 

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz