書85 佐藤朴堂 雪不落別處 2万円 共箱
掛軸寸法48.5×125cm
本紙寸法45.5×33.3cm

本紙は 紙本。

懐紙 綺麗な 懐紙です。

雪不落別處 というのは 『碧巌録』にある 好雪片片不落別處 からきた 言葉です。

略しているわけです。

良い言葉です ちょっと 長くなりますが 下記を ご参照ください。

表具に ところどころ 糊シミのようなのが あります。

画像では お解りに なりにくいと 存じますが ご注意ください。

裏にも シミあります

全体として 状態 良好といえます。

横物にて 姿よし。

塔頭のものでも これ位の レヴェルにあれば 会でも お使い頂けます。

おすすめです。
 


佐藤朴堂
福聚院住職 佐藤宗秀 道号 朴堂。
昭和22年兵庫県(但馬)大徳寺派蔵雲寺煕道和尚に就て得度。
昭和31年京都花園妙心寺専門道場に禅修行のため掛錫。
昭和46年大徳寺派福聚院に住職す。昭和52年大徳寺前往位に昇進

 

好雪片片不落別處(こうせつ へんぺん べっしょに おちず)

『碧巌録』第四二則「龐居士好雪片片」
舉。
龐居士辭藥山。
山命十人禪客。
相送至門首。
居士指空中雪云。
好雪片片不落別處。
時有全禪客云。
落在什麼處。
士打一掌。
全云。
居士也不得草草。
士云。
汝恁麼稱禪客。
閻老子未放汝在。
全云。
居士 作麼生。
士又打一掌。
云眼見如盲。
口説如唖。
雪竇別云。
初問處但握雪團便打。

挙す。
龐居士、薬山を辞す。
山、十人の禅客に命じ、相送りて門首に至らしむ。
居士、空中の雪を指して云く、好雪片片別処に落ちず。
時に全禅客ありて云く、什麼の処にか落在す。
士打つこと一掌。
全云く、居士また草草なることを得ざれ。
士云く、汝恁麼に禅客と称せば、閻老子いまだ汝を放さざること在らん。
全云く、居士 作麼生。
士また打つこと一掌、云く、眼は見るも盲の如く、口は説うも唖の如し。
雪竇別して云く、初問の処に、ただ雪団を握って便ち打たん。

とある。

龐居士が薬山禅師の所を辞すとき、薬山は十人の禅客に見送りを命じ門前に来た時、居士は降る雪を指して好雪片片別処に落ちずと言った。
そのとき全という禅客が、ではどこに落ちるのか、と尋ねたら、居士に平手打ちで一発叩かれた。
そんなにあわてて叩かないでと全が言うと、居士は、お前はそんなことで禅客などと言っていると閻魔様が許さないぞ、と言うと、全は、では居士ならどう答えますか、と聞いた。
居士はまた一発叩いて、眼は見ていても盲同然、口は喋っていても唖同然だ、と言った。
雪竇は、好雪片片別処に落ちずと言ったときに、ただ雪団を握ってぶつけてやればよかったのだと評した。
見る雪もなく、見られる雪もなく、自らが好雪片々そのもの、天地宇宙に溶け込んでいる境地という。

 

  

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz