t4 13代 駒沢利斉 杉木地通盆 5客 4万円 共箱
胴径22.5cm 高さ1.6cm

13代の 利斉さんです。

5客 反らずに 残っています。 さすがですね。

裏に 印も ちゃんとあります。

これも 珍しいですよ。

お買い得です。

 

駒沢利斎(こまざわ りさい)
千家十職の一つ。三千家御用達の棚や香合、炉縁などを製作する指物師が代々継承する名跡である。
当代は14代が1977年(昭和52年)に逝去後、長く空席が続いており、14代の甥の息子である吉田博三が後を嗣ぐべく修行中である。
 

13代 駒澤利斎(駒沢利斎)
Risai Komazawa13th

工芸家

1883 ( 明治16 )〜 1952 ( 昭和27 )

本名:重次郎
号:利斎

 

【出身地・師系】
京都市出身 師、11代利斎

【所属・任】
千家十職(指物師)

【略歴・作風など】
11代利斎の次男として生まれ、兄12代利斎が21歳で夭折した為、父11代利斎の没に伴い1902年20歳の時に13代利斎を襲名。
以降、明治・大正・昭和と家業を守り、よく千家にも仕えたがその間、1944年61歳のときに待望の長男を授かるが翌年の45年に死亡する不幸もあった。
その為、13台の没後、次代14代は妻の浪江が家業を守った。

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz