今日は 日曜日で ボンヤリ と 思うんですが
つくづく お茶 というのは おかしな もんだ と 思うんですね。
いずれにしても これは 日本 という 土壌でしか 育たなかった でしょう。
どうも これは 間違いないようです。

そして その茶の中の 官休庵 というのも おかしな 流儀です。
私は 永らく 官休庵の道具を 扱ってきたんですが 
この流儀で ちょっと 変っているのが
茛盆です。
香箸 という 小さい 箸を 茛盆に 必ず 置きます。
他流では この 習慣は ありません。
流儀によって いろんな 約束が あって 楽しいですね。 

 

 

 

t70 佐藤野州 黒柿  手付き 茛盆 8万円 共箱
茛盆胴径18.7cm×13.3cm 高さ20.5cm
香箸17.3cm 
 

名工 佐藤野州の作。

見事な 黒柿の 茛盆です。 傑作です。

盆の底に 佐藤野州の 刻印があります。

それと 付属品があります。

灰吹が 二つ。

白竹と ゴマ竹。

そして もう一つ これが 重要です。

愈好斎好 宣徳捻梅頭香箸 長坂古栄。

ようするに 愈好斎の好の香箸です。

作は 長坂古栄さん 。

これは 非常に珍しいものです。

香箸と この茛盆は 同時に 意図して作られたものですから セットでお売りします。

官休庵のかたにおかれましては 是非 御求めください。

状態 良好です。

強くおススメ申し上げます。
 

三好 木屑(みよし もくしょう)
指物師。初代木屑は、通称は弥次兵衛。木屑、知新と号す。天明8年(1788)大阪阿弥陀池に生まれる。文化5年(1808)堀江に移り、淡路屋弥次兵衛と名乗り、大坂城内御用指物師となる。唐木の寄木細工やからくり細工、奇観筐と称する用箪笥など,精巧な細工で名高い。慶応3年(1867)7月歿、80歳。阿波三好郡の郷士大久保家を祖とし、藩主蜂須賀侯より三好の姓を受け帯刀を許される。
三代 木屑軒也二(もくしょうけん なりじ)は、初代木屑の孫。知新の孫であることから知孫とも呼ばれた。稀代の名工として名高い。茶湯は武者小路千家を学び、平瀬家蔵品の名物棚の図録を編纂した。髹漆・蒔絵・書画・和歌・漢詩・俳句等も能くした。昭和17年(1942)歿、68才。門下に佐藤野州がいる

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz