茶道具3 香合》

TOP 茶碗 1   3 香合 4 なつめ 茶器 5 水指・蓋置
6 菓子器  花入 7 皆具 茶箱 8 茶杓 ふくさ 9 釜 風炉 炉縁 10 棚 先 板
11 茶事の道具 器 12 その他 13 官休庵の道具 14 ひなやの茶事 一行もの 待合掛

 

香合5 道場宗廣 秋草 黒柿 四方香合 2万円 共箱
胴径5.6cm 高さ2.5cm

k37 橋口宗栄 柚子香合 2万円 共箱
胴径6cm 高さ5.2cm

 

お買い上げ有難うございました。

k128 清水楽山 粉引兎香合 2万円 共箱
胴径5.8cm 高さ4.7cm

k129 嵯峨 勝尾青龍洞造 白磁梅花香合 忍妙香 1万円 共箱
       立花大亀 箱書
胴径8.5cm 高さ2.5cm 

 

k52 雲斉 虫蒔絵 香合  15000円 共箱
胴径7.2cm 高さ3.7cm

k95 川崎和楽 金字丸 香合 5000円 共箱
胴径7cm 高さ2.7cm

 

k27 十代  大樋長左衛門 翁面香合 8万円 共箱
胴径5cm 高さ4.3cm

香合76 輪島 立岩昇 沢潟(おもだか)蒔絵 香合 22000円 共箱
胴径7.3cm 高さ2.8cm

 

k13 十一世 坂高麗左衛門 萩焼 松笠香合 11000円 共箱
胴径9.5cm 高さ5.5cm

k127 菊貝 香合 4000円 合せ箱
胴径8cm 高さ4.3cm

 

香合85 十三代 楽吉左衛門 (惺入) 鶏 香合 12万円 共箱
胴径6.5cm 高さ6.5cm

香合124 十二代 田原陶兵衛 萩  糸巻香合 8000円 共箱
胴径6cm 高さ3.8cm

 

香合64 保全 蛤香合 の型 4万円 合せ箱
胴径11.3cm 高さ7.2cm

香合68 十二代 田原陶兵衛 萩 結熨斗 香合 8000円 共箱
胴径9cm 高さ1.8cm

 

茶盌106 九代大樋長左衛門 かつふ香合 22000円 共箱
胴径15cm 高さ4cm

 保留

香合33 七代 楽吉左衛門(長入) 鶴亀香合 22万円 共箱
胴径3.5×5cm 高さ4cm

 

k93 十代 三輪休雪 萩雀香合 9万円 共箱
胴径6.5cm 高さ5cm

香合29 楠部彌弌 染付末廣 香合 3万円 共箱
胴径4.5cm 高さ1.8cm

 

k67 中村翆嵐 青交趾菊梅 香合  18000円 共箱
胴径6cm 高さ4.5cm

fu29 奈良一刀彫 市川鉄琅 ホーヅキ  古材 香合 45000円 共箱
      12代堀内宗完(兼中斉) 在判 箱書
胴径7.5cm 高さ5.3cm

k99 四代 川端近左 佛国産 マロニエ香合 16万円 共箱
      即中斉 在判 箱書
胴径3.6cm 高さ2.8cm

 

 

k9  十六代 永楽善五郎 赤絵 吉羊 宝珠香合  8万円 共箱
胴径6cm 高さ6cm

香合83 宮川香雲 仁清写 桐竹文 文箱香合 35000円 共箱
胴径5×6.7cm 高さ3.2cm

 

香合125 塗師 多田桂寛 虫蒔絵 香合 1万円 共箱
胴径7.3cm 高さ2.3cm

香合115 坂田泥華 萩焼  菊香合 8000円 共箱
胴径6.2cm 高さ3cm

 

k119 永楽善五郎 交趾 荒磯香合 10万円 共箱
      鵬雲斎 箱書
胴径7.8cm 高さ4.2cm

香合122 永楽善五郎 交趾焼 荒磯香合 55000円 共箱
胴径7.7cm 高さ4.2cm 

 

k61  四代 高橋楽斎 信楽 梅香合 5000円 共箱
胴径6.8cm 高さ2.8cm

香合50 亀井味楽 高取 竹 蓋置 8000円 共箱
胴径6.5cm 高さ3.5cm

 

k92 圓鍔勝二(勝三) 干柿香合 25000円 共箱
胴径8cm 高さ3cm

k82  16代 永楽善五郎 紅安南写 香合  45000円 共箱
胴径7.3cm 高さ3cm

 

k20 淡路a平焼 乙御前香合 6万円 共箱
胴径5cm 高さ7cm

香合109 神奈川焼 井上良斎 鴛鴦香合  16万円 共箱
        即中斉 在判 箱書
胴径7.3×4.5cm 高さ4.3cm

 

 

香合108 夏目有彦 螺鈿桐文様 香合 1万円 共箱
胴径7.3cm 高さ2.2cm

香合114 宗家 讃岐 後藤 後藤ぬり香合 松の絵自筆 好宗完  15000円 共箱
胴径8cm 高さ2.1cm

 

香合4 干柿 香合 15000円 合せ箱
胴径7cm 高さ3cm

お買い上げ有難うございました。

香合39 箱瀬淳一 蒔絵 蔦香合 45000円 共箱
       12代堀内宗完(兼中斉) 在判 箱書
胴径8cm 高さ2.8cm

 

k116 楽吉左衛門 十三代 惺入 鈴香合 18万円 共箱
      即中斉 箱書
胴径5.8cm 高さ6.5cm

k113 楽吉左衛門 十三代 惺入 金溜 鈴香合  18万円 共箱
      惺斎 箱書
胴径6cm 高さ6.5cm

 

k35 三代諏訪蘇山(修) 青瓷香合 8000円 共箱  在庫11個あります。 
胴径7.5cm 高さ3.2cm

 

k23 仁阿弥道八 翡翠香合  16万円
    九代 高橋道八 極め箱
胴径8cm 高さ5.3cm

k81 十二代 黒田正玄 竹節香合 10万円 共箱
      淡々斎 箱書 在判
胴径7cm 高さ2.5cm

 

k57 大徳寺 興臨院古材 松竹梅 ぶりぶり香合 45000円 合せ箱
     宗心 在判 箱書
胴径16.5cm 高さ6.8cm 

k17 宮川香斎 赤絵四入角 香合  2万円 共箱
胴径6.3cm 高さ5cm

 

k100 十三代 駒沢利斉 菊置上げ 蛤香合 12万円 共箱   
    11代 久田宗也(無適斎)在判 箱書
胴径11.5cm×9.2cm 高さ5.5cm

k71 琴浦窯 和田桐山 祥瑞写 ミカン香合  14万円 共箱
      鵬雲斎 箱書
胴径6.5cm 高さ4.5cm

 

k111 三浦竹軒 倣交趾 分銅亀香合  15000円 共箱
胴径7.5cm 高さ5cm

k21 岩木裕軒 茄子香合 3万円 共箱
胴径8cm 高さ3.8cm

 

 

東大寺の 名物僧 清水公照 さん  の ユニークな 香合です。

  

香合120 清水公照 香盒 花御所 2万円 共箱
胴径4.5cm 高さ4cm

香合121 清水公照 香盒 ちんぽ柿(珍宝柿)  2万円 共箱
胴径6cm 高さ3.5cm

香合117 清水公照 香盒 忠公  2万円  共箱
胴径4cm 高さ5cm

 

k84 四代 和田桐山 色絵 羽子板香合  9万円 共箱
     12代久田宗也(尋牛斎) 在判 箱書
胴径11.6cm×4.3cm 高さ1.8cm

k47  輪島 樽本徳司 金地 波蒔絵 香合  6万円 共箱
胴径7.9cm 高さ3.5cm

 

k86 九代大樋長左衛門 小槌香合 3万円 共箱 
胴径4.5cm 高さ4cm

k41 十五代 坂倉新兵衛 萩  菊香合  15000円 共箱
胴径6.5cm 高さ3cm

香合110 竜谷窯 宮川香雲 色絵ふくら雀 香合  3万円 共箱
胴径7×6cm 高さ3.5cm

 

k112 二代目高崎秋峰 宝尽し蒔絵 香合 2万円 共箱
胴径7cm 高さ2.5cm

k6 二代目高崎秋峰 松虫蒔絵 蛤香合  15000円 共箱
胴径6.7cm 高さ2cm

 

香合66 中村翠嵐 交趾 銭亀香合 15000円 共箱
胴径6×4.5cm 高さ3.5cm

k56 14代 楽吉左衛門(覚入)青磁すり 四方香合 数印 40万円 共箱
     鵬雲斎 在判 箱書
胴径4.2cm四方 高さ5cm

 

香合60 二世 三浦竹泉 青磁 菊蟹 香合 2万円 共箱
胴径4,8 高さ3cm

香合98 十二代 田原陶兵衛 萩 松毬香合 1万円 共箱
胴径5.7cm 高さ4.5cm

 

k63 加州窯 山崎宗元 雲華鶴 香合 65000円 共箱
    紫野卆翁 立花大亀 箱書
胴径9.2×5.6cm 高さ5cm

棗79 一瓢斎 住吉蒔絵 一文字  香合 9万円 共箱
胴径8cm 高さ2.5cm

 

香合105 十一代  楽慶入 舟曳 香合 如心斉好 45万円  共箱
          当代 楽吉左衛門 極め箱  而妙斎 箱書
胴径4.8cm 高さ5cm

香合15 市川銕琅造 三輪雛 木彫香合 即中斎箱書 45万円
共箱 9×6 高さ3cm

 

香合89 清水六和 (五代清水六兵衛) 松毬  香合 3万円 共箱
胴径5.2cm 高さ3.3cm

香合58 十二代 田原陶兵衛 萩 桔梗香合 1万円 共箱
胴径6cm 高さ3.8cm

k87 木米 九谷焼 唐子の絵 香合  25000円 共箱
     12代堀内宗完(兼中斉)箱書
胴径6.5cm 高さ4.5cm

 

14 御菩薩焼 一つ家 香炉 16万円 合せ箱
全体の寸法です。 
幅17.5 奥行15 高さ14.5cm

香合75 三輪休和 萩焼 結び文  香合 12万円 共箱
胴径4.5×8.5cm

 

お買い上げ有難うございました。

香合104  桑 香合 雪輪蒔絵 11万円 共箱
         円能斎 在判 箱書
胴径5.6cm 高さ3.5cm

 

香合42 一斉造 海松浪 蒔絵 蛤  香合 9万円 共箱
         井口海仙 在判 箱書
胴径10.5×8.5cm 高さ5.3cm

 

香合77 六代左入造 雀香合 33万円
       淡々斎 箱書 九代了入 極め箱
胴径7.3×8cm 高さ4.8cm 

香合53 十六代 永楽善五郎 金襴手 宝珠香合 32万円 共箱 二重箱
       而妙斎 箱書
胴径6.3cm 高さ6.2cm

 

香32 一瓢斎 雲錦蒔絵 平香合 鵬雲斎 箱書 在判 24万円 共箱
胴径8cm 高さ1.6cm

 お買い上げ有難うございました。

25 飛来一閑 内朱 菊唐草絵 丸香合 銘 籬(まがき)   38万円   共箱
   即中斎 在判 箱書 
胴径7cm 高さ1,8cm

 

香合48 16代 永楽善五郎 赤絵菊兎 香合 8万円 共箱
胴径6,7cm 高さ5cm

31 青木木米作 茄子形 香合 五世 清水六兵衛 極め 10万円
幅6.2 奥行4.7 高さ5cm 二重箱。

香合59 永楽妙全 仁清写し 鶴 香合 8万円 共箱
幅5,5×9cm 高さ7,7cm

 

香合38 諏訪蘇山 宗完好み 桃 香合 25000円 共箱
蓋の径4,5 身の径4,4cm 高さ3,8cm

香合96 川瀬満之 色絵羽子板香合  15000円 共箱
胴径11.7×3.7cm 高さ1.8cm

香合91 川瀬表完(功) 白檀塗 ふくろう香合 25000円 共箱
胴径5.6cm×4.3cm 高さ4cm

 

香合3 宝漆陶 大仲翆月 鶴蒔絵地紙香合 22万円 共箱
     淡々斎 在判 箱書
胴径9.2×4.3cm 高さ2cm 

k24 真葛焼 羽子板香合 淡々斎箱書 33万円
合せ箱 幅3.5 長さ10 高さ1.5cm

 

香合80 十五代坂倉新兵衛 萩 笹香合 15000円  共箱
胴径11.5×2.7cm 高さ1.8cm

香合79 坂田泥華 萩フク雀香合  1万円 共箱
口径5×6cm 高さ5cm

香合72 清閑寺窯 三代  杉田祥平 染付干支卯香合 15000円 共箱
胴径6.8cm 高さ3.2cm 

 

 

香合70 駒澤利斎 桜樹香合  6万円 共箱
        薮内十一世 透月斎 好み 箱書
胴径6.2×5.4cm 高さ2.6cm

香合51 村瀬治兵衛 独楽香合  6万円 共箱
胴径8.4cm 高さ2cm

 

香合46 五代三浦竹泉 交趾菊香合 25000円 共箱
胴径6.4cm 高さ2.5cm

香合44 十四代坂倉新兵衛 即中斉好 萩御紋香合 3万円 共箱
胴径8cm 高さ2.3cm

香合65 土渕善丕氐 陶葊 仁清写松竹梅香合  2万円 共箱
        紫野 細合喝堂 在判 箱書
胴径7.3cm 高さ2.6cm

 

w35 三軒屋 香炉 五世清水六兵衛 六世六兵衛 極め箱 4万円
幅13.5p×15p 高さ9.5p

k74 十六代 永楽善五郎 交趾写 荒磯香合 23万円 共箱
即中斉 在判 箱書
胴径8.5cm 高さ4.8cm

 

 

絵32 (人間国宝) 芹沢_介 羽子板 板絵 12枚 19万円 共箱
幅9cm 長さ21cm 厚み5mm

香合88 十三代楽吉左衛門 惺入 いなり焼 鈴香合 10万円 共箱
胴径7.6cm 高さ8cm

 

T145 兎香合 加藤十右エ門造 立花大亀箱書 ¥80.000.-
共箱 胴径5.5 H3.5

香合55 十二代 黒田正玄 竹幟鯉 香合 淡々斎 箱書 在判 28万円 共箱
11,3×3,7cm 高さ1,6cm

 

香合22 永楽妙全 交趾写し 阿古陀 香合 18万円 共箱
       淡々斎 箱書
口径3,2cm 胴径5,2cm 高さ2,8cm

54 西村徳泉 叭々鳥 香合 55000円 共箱
    12代久田宗也(尋牛斎)箱書
胴径5,8cm 高さ3cm

 

小峠丹山

   
  30 小峠丹山 傘 香合 25000円 34 小峠丹山 蕪 香合 2万円    

 

12 手塚祥堂 羽根香合 5000円 共箱

12A 畦地多喜男(号 多喜翁)楓 香合 8000円 共箱

k26 スマ焼 鳥香合 8000円 合せ箱
胴径6.1cm 高さ4.3cm

 

 

18 桃寿作 蒔絵朱高欄付 香炉台 120万円 合せ箱
36×27cm 高さ15,8cm

大正時代 前後のもの。

見事な蒔絵の 香炉台です。


 

蘭奢待(らんじゃたい)は香木の一種。天下第一の名香と謳われる。天平勝宝5年(753年)に聖武天皇より仁王会の際盧舎那仏(東大寺大仏)に献じられた。正式名称は黄熟香(おうじゅくこう)で、蘭奢待とはその文字の中に東大寺の名を隠した雅名である。長さ156cm、重さ11.6kgの錐形の香の原木。その香は「古めきしずか」と言われる。
「蘭」→東  「奢」→大  「待」→寺
東南アジアで産出される沈香と呼ばれる高級香木で、日本には9世紀頃に中国より伝えられたとされる説が有力である。一説には日本書紀や聖徳太子伝暦の推古3年記述を云う説もある。奈良市の正倉院(元は東大寺の倉庫であったが明治以降は国が管理)の中倉薬物棚に収められており、これまで足利義満、足利義教、足利義政、織田信長、明治天皇らが切り取っている。

日本書紀 推古3年(595)
土佐の沖合に毎夜大きな光を放つものが現れて、雷鳴のような音を発した。やがてこの光るものが淡路島南岸に漂着したところ、八尺ほどの材木で、えもいわれぬ芳香を放っていた。島民がこれを薪として焚くと、あたり一帯にすばらしい芳香が満ち満ちた。聖徳大使はこの噂を聞くとすぐに使いを出し、献上させた。大使はこれが沈水香であることを知っており
「帝が仏像を造って仏教えお栄えさせたので、その徳に感じて帝釈天や梵天が漂着させた」
と語った。
帝はこの香木で観音像を造り、比蘇寺に祭ったが、時折光を放ったたという。
ーーーこの香木が蘭奢待であるという説もある。

 

 

TOP 茶碗 1   3 香合 4 なつめ 茶器 5 水指・蓋置
6 菓子器  花入 7 皆具 茶箱 8 茶杓 ふくさ 9 釜 風炉 炉縁 10 棚 先 板
11 茶事の道具 器 12 その他 13 官休庵の道具 14 ひなやの茶事 一行もの 待合掛

お問合せは、ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。