茶道具7 皆具、茶箱)

TOP 茶碗 1   3 香合 4 なつめ 茶器 5 水指・蓋置
6 菓子器  花入 7 皆具 茶箱 8 茶杓 ふくさ 9 釜 風炉 炉縁 10 棚 先 板
11 茶事の道具 器 12 その他 13 官休庵の道具 14 ひなやの茶事 一行もの 待合掛

 

 

fu22 光栄堂 雲錦蒔絵 茶箱 10万円 共箱
胴径21.5×14.3cm 高さ13.5cm

t34 江月宗玩 一睡図 画賛 写し 蒔絵 茶箱 3万円 箱なし
胴径21.5×14.5cm 高さ13cm


 

皆具16 5代 宮川香斎 扇流し 遊鐶 皆具 75万円 共箱
     即中斉 箱書

fu23 十四代大西清右衛門 唐銅 宝尽皆具 共箱
     即中斉 箱書
水指 胴径20cm 口径11.5cm 高さ16.5cm

 

t58 松江不入作 古銭茶箱 揃え 80万円 共箱
茶箱 15.3×10.5cm 高さ11cm

 

楽焼(らくやき)
天正(1573〜92)の初めごろ帰化人飴也が創始したもので、田中宗慶が秀吉から「楽」の金印を拝領したことから楽焼の称がおこったものと思われるが、初代長次郎が聚楽第で製陶し、聚楽焼と称されたのにはじまるともいわれる。
楽家では初代を長次郎、2代を吉左衛門常慶としているが、長次郎焼と称されるものは、飴也・長次郎(初代および2代の存在が考えられる)・宗慶・庄左衛門宗味ら数人の作品を包括したものである。
3代道入(ノンコウ)・4代一入・5代宗入・6代左入・7代長入・8代得入・9代了入・10代旦入・11代慶入・12代弘入・13代惺入・14代覚入・15代(当代)吉左衛門。
作品は茶碗を主とし、赤楽・黒楽があり、初期の赤楽は胎土聚楽土による発色で、黒楽は加茂川石を用いたもの。また数は少ないが香炉釉という白釉などもある。
なお、楽家代々の作を本窯と称し、その一族または弟子の作は脇窯と称される。
脇窯には洛東双林寺の宗味焼をはじめ、道入の弟道楽、一入の庶子一元による玉水焼などがある。
金沢の大樋焼、神楽岡文山、仁阿弥道八などもこれに属し、さらに本阿弥光悦・光嵯・光甫らの手造りも脇窯と称されている。

『原色茶道大辞典』淡交社刊を参照しました。

 

お問合せは、ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。

TOP 茶碗 1   3 香合 4 なつめ 茶器 5 水指・蓋置
6 菓子器  花入 7 皆具 茶箱 8 茶杓 ふくさ 9 釜 風炉 炉縁 10 棚 先 板
11 茶事の道具 器 12 その他 13 官休庵の道具 14 ひなやの茶事 一行もの 待合掛