茶盌109 二代 真葛香斉 立雛 茶盌 16万円 共箱
         12代久田宗也(尋牛斎) 箱書
胴径12.7cm 高さ7.7cm

半磁器。

清水特有の 半磁器で 地色は 象牙色。

作は 二代 真葛香斉 さん。

箱の底にある 箱書の 小判印の 真葛 という」書は 久田さんから 頂いたものです。

箱書は 久田さん。

二代 真葛香斉 と 久田さんは ご縁の深い 間柄です。

こういう 組み合わせも なんか 懐かしい 気が してきます。

昭和も 遠く なりにけり。  という事で しょうか。

状態 良好です。

雛へ   、、、

 

 

5代 宮川香斎(2代 真葛香斎) 1922(大正11)年生

5代宮川香斎(2代真葛香斎)は東京に生まれました。
旧姓を杉本三喜重、号を香斎・治平(隠居後)といいます。
1946(昭和21)年、4代宮川香斎(初代真葛香斎)の長女と結婚して宮川家に入籍しました。
1972(昭和47)年、5代宮川香斎(2代真葛香斎)を襲名しました。
表千家13代即中斎宗左より「真葛」の印を授かりました。
2002(平成14)年、養子・和男に家督を譲って隠居し、「治平」を名乗りました。
久田家11代無適斎宗也の逝去後は12代尋牛斎宗也に指導を仰いで茶陶を制作しました。

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz