茶碗111 五代 尾形周平 模 斑唐津 四方茶碗 12,000円 共箱
胴径12cm 高さ8cm

作は 五代 尾形周平

模 斑唐津 四方茶碗 。

ほぼ 50年ほど前の物。

まだら唐津の 写しなんですが 上手ですね。

この人は 琳派の系統の 陶工なんですが これは 珍しいです。

あまりにも 上手に できているので ご紹介します。

 

やや 大きめ。

重さは 重め。 390グラム。

主茶碗に いけますよ。

白と 鉄釉の コントラストが さいこうです。

口は やや 四角。

 

状態 良好です。

おススメ。

 

 

五代 尾形周平 
1927年〜1999年、4代尾形周平の長男として生まれる。
京都陶磁試験場を経て京都市立美術大学日本画科を卒業。
1977年より個展を中心に制作発表を続け、日本橋三越、大阪高島屋を隔年開催。
そのほか大阪梅田阪急、G銀座阿曾美術などで個展、また、MOA名古屋ギャラリー「琳派展」に出品。
 色絵仁清写、祥瑞染付写、高麗写などを得意とし、また古清水の研究、復元にも力を注ぐ。主に茶陶を専門に造る。
 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

 

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz